ニキビ跡の種類による治療法は

ニキビは、出来ている時だけではなく、治った後でも。
ニキビ跡として傷が残るので、時間をしっかりかえてケアしなければいけません。

 

以前のニキビ、治ったはずなのに、凹凸が今もはっきり残っているというかた
結構多いですよね。

 

このようなニキビ跡に対して除去する治療法が、
確立されています。
いくつもあるニキビ跡のタイプ別に治療法があります。

 

どのニキビ跡にどういった治療法があるのか、ご紹介したいと思います。

 

 

赤み

ニキビ跡に多い赤み。

 

炎症は治まったのに、赤みだけが残ってしまったということがありますね。

 

表面では炎症が治まったように見えても、肌の中ではまだ炎症が残っている状態です。
ですから、赤みが消えずに、肌表面からも見えてしまいます。

 

時間の経過で、多くは消えていくのですが、長期に渡ってしまうことも少なくありません。

 

赤みが消えるまでに長期間かかってしまうのは、ニキビのダメージにより、
肌のターンオーバーが正常に行われていないことが原因です。

 

こういった場合、赤みの治療には、ターンオーバーを正常にするため、
ピーリング、レーザーといった治療法方が行われています。

 

イオンを利用する方法により、ビタミンC誘導体を導入する治療法もあります。
この方法だと、ビタミンCを皮膚の奥深くにまで届けることが出来るので、
健康・美容効果をしっかり発揮してくれます。

 

 

色素沈着

シミのような、茶色く残ってしまうニキビ跡。
これは、活性酸素の働きで皮膚の中に、作られてしまったメラニン色素によるものです。

 

肌のターンオーバーにより、少しずつ外に押し出されてくるのですが、
皮膚がニキビの影響でダメージを受けている状態だと、ターンオーバーでの治癒は、
かなり時間がかかってしまうのです。

 

黒っぽい紫色のようなシミだと、ヘモグロビンが関係している色素沈着です。
この場合には、皮膚内部で出血があった可能性も。

 

色素沈着が原因のニキビ跡を除去するには、ターンボーバーを促さなければいけません。

 

レーザー、ピーリング、ビタミンC誘導体のイオン導入のほか、
フォトフェイシャルといった施術を施します。

 

 

凹凸(クレーター)

クレーター状の凹凸が肌に出来るのは、ニキビの炎症がひどくなり、
表皮の奥、真皮層がダメージを受けています。
肌のハリを保つコラーゲン、エラスチンまでも破壊されることで起こる症状です。

 

真皮層というのは、表皮に比べると肌のターンオーバーがもともと遅い部分なのです。
その真皮層にダメージが及んでいると、細胞が壊れてしまうと、再生に時間がかかることや、
最悪再生出来ないこともあり、その後が凸凹という形になってしまいます。

 

 

こういう症状の場合には、レーザー治療が主に施されます。
レーザーで、コラーゲンの生成を促すことにより、肌の自己治癒力を引き出します。
そうすることで新しい皮膚を作るようにしていくのです。
二の腕 ブツブツ 治し方