ピルでニキビを治すのは考えもの

本来は女性特有の生理期間を調節するためのピルですが、
ピルを服用するとニキビが治るという話があるようです。

 

これが本当ならニキビができたら試してみようと考える人もいるでしょう。
ここでこのことを検証してみます。

 

ニキビとホルモンバランスの関係

生理前になるとニキビができるという人が多いようです。

 

それはホルモンバランスとニキビは関係があるからです。
男性には男性ホルモン、女性には女性ホルモンが体内にありますが、
女性にも少量の男性ホルモンがあります。

 

少量の男性ホルモンのために生理前から生理後に
女性ホルモンのバランスが崩れることがあります。
そうすると肌荒れが起きてニキビがることがあるます。

 

ピルの歯ホルモンバランスを整える

ピルを服用するとホルモンのバランスが整い、したがって生理周期が正しくなり、
男性ホルモンが増加しないとのことです。

 

ですからピルがニキビ予防になるという話はある意味では正しいようです。
ピルの服用でニキビが減ったとか、むだ毛が薄くなったという話も聞きます。

 

またピルは悪化したニキビにも効果があると言われています。
そこで全身の℃の部位にできたニキビにも効果があるピルが今注目されています。
ただし、ピルの効果がないニキビもあるそうです。

 

ピルの副作用に注意

ところでピルには吐き気やむくみ、乳房が張る、
さらにはうつ症状になるという副作用があります。

 

この副作用を考えると、ニキビを改善するためだけにピルを服用するのは
あまりおすすめできません。
副作用で逆にニキビが悪化したという人もいるそうです。

 

簡単に考えてニキビ治療としてピルを服用するのは考えものです。
ピルでホルモンバランスを整えるのはバランスを意識的に変化させるということです。
したがってピルの服用では医師の診察と診断が必要になります。

 

ニキビ対策では皮膚科でピルの処方をしてもらうのですが、
そうすると定期的な受診をしなければならなくなるでしょう。
胸ニキビ 治し方